コラム

2017年4月26日  コウモリ対策

コウモリについての知識

一般にコウモリについてはアブラコウモリを指し、アブラコウモリは日本で唯一家屋のみを住み家とするコウモリです。イエコウモリ(家蝙蝠)の別名もあります。市街地を中心として平野部に広く分布し、市街地の夕刻の空に普通に見られます。
 
1.5cm程度の隙間があれば出入りすることができ、家屋の瓦下、天井裏、換気口など建物の隙間を主な寝ぐらとしています。数頭の家族単位で暮らすことが多いのですが、幼獣を含む繁殖集団では50~60頭時には200頭にもなります。しかし成獣の雄は基本的に1頭で暮らします。

夜行性で昼間は寝ぐらで休み、日没近くから夜間に飛び回り、カ・ユスリカなどの 小型昆虫類を捕食します。

11月中旬位から冬眠に入り、暖かい場所に多数が集まって越冬します。3月中旬 頃に冬眠から覚め活動を開始します。

雌は満1歳から出産し、7月初旬に1~4頭の仔を産みます。30日程度で離乳して巣立ち、10月に入ると交尾を行います。

寿命は雄で3年、雌で5年程で他のコウモリと比べると短いものとなっています。
かつては、家に住み着いたりすると縁起が良いとされてきましたが、そのようなイメージが忘れ去られると共に、人家を住処とすることもあって糞や尿による汚染とそれに伴う臭いやダニの発生などで、人間生活に悪影響を与えることがあり、そのような被害は増加傾向になりつつあります。

無料相談・お見積もり!メールでのお問い合わせ・お見積もりはこちら